大会案内

ご挨拶

三重県からのメッセージ

三重県知事

鈴木 英敬

 「第71回全国人権・同和教育研究大会」の開催を心から歓迎いたします。
 近年の人権問題をめぐる状況をみますと、同和問題、子ども、女性、障がい者、高齢者等の人権問題、虐待やハラスメント等が発生しています。そのような中、本研究大会が開催され、全国各地の人権教育や啓発の実践報告、意見交換や議論の場が設けられますことは誠に意義深く、ご参加の皆様が、人権問題に対する理解と認識を深めるとともに、人権感覚と実践力を高め、今後の活動に生かしていただく貴重な機会となるものと期待しています。

 本県におきましては、平成28年施行の差別解消にかかる3法や「人権が尊重される三重をつくる条例」に基づき取組を進めているところです。今後も、さまざまな主体の皆様方と連携・協働し、差別のない、人権が尊重される社会の実現に向けて取り組んでいきたいと考えています。

 さて、新しい時代が幕開けし、多くの方々に本県にお越しいただいているところですが、全国各地からお集まりいただきます皆様におかれましても、ぜひ、三重の魅力を存分に味わっていただければ幸いに存じます。皆様のお越しをお待ちしています。



ページのトップへ